読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RAFUWORKSとKAGAWA・・・デザインも少々(仮)

2015年4月より東京都→香川県へ移住しました。移住先の香川県の面白い出来事や香川県ならではの『魅力』をこのブログを通じて発信します。更新については不定期更新です。また、趣味でデザインもしているので、随時UPします。よろしくお願いします。

第45話さぬきうどんの名店に入店〜穴吹製麺編〜

いらっしゃいませ!!!RAFUWORKSです。

 

ようやく、香川県は梅雨明けしました!

そして、明けたはいいが、連日の猛暑!

夏本番という感じですね!

 

では、第45話です。

 

気づけば、さぬきうどんの名店に入店シリーズは第3弾でございます。

 

今回は、こちら!

 

f:id:RAFUWORKS:20160723150221j:image

▲穴吹製麺

 渋い感じの佇まいで場所も、え?こんなところにあるの?って場所にありました!

 

けっこう、道に迷いました。

 

そして、入り口はこんな感じです。

 

f:id:RAFUWORKS:20160723150549j:image

 

ほんとうに中で食べれるのだろうかと、不安な気持ちで一杯でしたが、『営業中』と紙に貼ってあったので中に潜入しました。

 

ちょっと、探検ぽい感じで興味深々です。

 

f:id:RAFUWORKS:20160723150716j:image

▲店内

 

香川県では当たり前の、完全セルフというスタイルでお店の人には、

『1玉(ひとたま)〜!』っていうと、丼に、麺のみを入れてくれます!

 

ちなみに、こちらは、1玉130円という、信じられない価格です!

 

さらに、テーブルの上に置いてある、『ねぎ』や『生姜』、『おつゆ』なども、セルフです。

 

ただし、天ぷらやおにぎりなどお金がかかるトッピングもあるので要注意!

 

ちなみに『おつゆ』はこの鍋に入ってました!

 

f:id:RAFUWORKS:20160723151327j:image

 

そして、『かけうどん+おあげ』の完成です。

 

f:id:RAFUWORKS:20160723151526j:image

おあげはトッピングしました!

 

麺の感じも、ちょうどよく、割と好きな固さでした。

特に美味しいと思ったのは、このおあげで、この甘さが絶妙で麺とつゆの相性がバッチリでした!

 

これは、また、食べたいなって思える一杯でした。

 

ここで、ひとつ、触れておきたいのが、『支払い』についてです。通常セルフのうどん屋さんでは商品を渡された時、同時にお金を渡すのですが、このお店では『後払いシステムのトッピングは自己申告制』なんです。

 

食べた後、帰り際にレジ付近に行き

客『1玉とおにぎり!』

 

店『へい!○○円っス』

 

客『ごちそうさまです』

 

みたいなセリフ!

 

なんか、このセリフ、混んでたら言ったもん勝ちみたいになるんじゃないかな?って思ってしまいますね。

 

しかも、香川県のうどん屋さんではこういったスタイルを持つお店が複数あるみたいです

 

ちょっとカルチャーショックを感じてしまいますね!

 

まー、ある意味、ラフな感じで営業しているのも、香川県の『魅力』のひとつでもありますね

 

上にも書いてますが、他にも、こんな感じのお店が香川県には複数あると思うとワクワクします。

 

また名店シリーズの『魅力』が入荷次第取り上げたいと思います。

 

それでは!次回もお楽しみに☆