かがわログ

2015年4月より東京都→香川県へ移住しました。移住先の香川県の面白い出来事や香川県ならではの『魅力』をこのブログを通じて発信します。更新については不定期更新です。また、趣味でデザインもしているので、随時UPします。よろしくお願いします。

第6話粋に感じる古い町並みを歩く

いらっしゃいませ!!!RAFUWORKSです。
 
相変わらず寒いですね。これからの時期、寒さと風邪には要注意です!
それからもう少し先ですが我が天敵、花粉症もやって来ますよ!
飛散量が気になる。
 
花粉症のお話はさておき、またまたKAGAWAの『魅力』が入荷してまいりましたよ。
 
今回はグルメではなく、
"KAGAWAの町並み"の『魅力』が入荷してきました。
 
ただの町並みではありませんよ!
 
古くて風情があるんです
 
その名も『古くて風情ある町並み』
または、『粋な町並み』
 
と呼ばせていただきます。
まー、名前はそのまんまな気がしますが 
 
でも名前はそのまんまでも、この一帯に風情があって、雰囲気はとても"ゲキアツ"でした。中には、有形文化財の建物もあったりと。
自分の中では、"粋"な気持ちになりましたね!
 
年を重ねてくると、こういうちょっとした発見がラッキーって思えてくるんですね!
 

場所はというと

 
香川県綾歌郡宇多津町って場所で前回の謹賀新年の記事でも取り上げた、日の出の写真の場所です!あそこも良スポットでした。
 

宇多津町とは

人口密度・人口増加率、共に香川県内の自治体で最も高い。町名の由来は旧郡の鵜足(うた)郡の津という事であり、古くは鵜足津とも表記された。
古代、港として大和朝廷に貢物を積み出していた。鎌倉時代には多くの寺院が建立され、兵の集結宿泊所として利用される。又、物資の積み出しの港として重要な位置を確立する。
1363年(貞治2年)、細川頼之が細川清氏を破り、宇多津に居城を構え、讃岐の守護所とする。これより政治の中心地となり細川頼之が四国を分国として統治する際も宇多津の居城に在住したため、四国の中心地になった。
 
また宇多津町は、温暖で雨が少なく日照時間が長いという瀬戸内海式気候を利用した入浜式の「塩づくり」が行われて、かつては、わが国最大の「塩の町」として栄えました

 

 
とっても歴史がある町なんですね。
 
では、では入荷した町並みの写真をUPしていきたいと思います。
 
まずは

f:id:RAFUWORKS:20160107203853j:plain

細い路地がGOOD!

 
細い路地を抜けると

f:id:RAFUWORKS:20160107203636j:plain

屋根の雰囲気がすでに物語ってる。
 
さらに進むと

f:id:RAFUWORKS:20160107204224j:plain

 のぼりが先取りしてます。そして看板も風情があります。
 
きれいに残ってるな〜
f:id:RAFUWORKS:20160107220717j:plain
 
この感じも悪くない

f:id:RAFUWORKS:20160107224356j:plain

 

アパート??

f:id:RAFUWORKS:20160107224434j:plain

 

そして辺りを散策すると・・・そこは

倉の館三角邸という有形文化財の建物がどっしりと待ち構えておりました!

倉の館三角邸 - じゃらんnet

f:id:RAFUWORKS:20160107224522j:plain

 

外観 

f:id:RAFUWORKS:20160107225009j:plain

由来

f:id:RAFUWORKS:20160107225106j:plain

 有形文化財とは

建造物,工芸品,彫刻,書跡,典籍,古文書,考古資料,歴史資料などの有形の文化的所産で,我が国にとって歴史上,芸術上,学術上価値の高いものを総称して「有形文化財」と呼んでいます。 このうち,建造物について国が指定する国宝・重要文化財(建造物)と国が登録する登録有形文化財(建造物)を紹介します。

 

ここは古い町並みと新しい町並みの境界線

f:id:RAFUWORKS:20160107225954j:plain

 

町並みを抜けると

f:id:RAFUWORKS:20160107230223j:plain

 天気が良かったせいか、景色もバッチリです

f:id:RAFUWORKS:20160107230253j:plain

 いかがでしたか?
宇多津町にある『粋のある古い町並み』は?!
 
今回、入荷した町並み以外にも、宇多津という町は海にも近く魅力的な町なので、また宇多津の『魅力』が入荷したら随時記事にしたいと思います。
 
読者のみなさんも観光などで訪れた際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか
 
 
ではまた、面白い『魅力』が入荷するまでお待ちください
 
それでは!次回もお楽しみに!